表装処・美術サロンあいざわ

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-1-7
アイビータウン日吉1F
☎ 027-231-7604

一般社団法人 群馬県技能士会連合会 一般社団法人 全国技能士会連合会 全国表具経師内装組合連合会

ブログ

Blog

タグ: 書道展 の記事一覧

第70回記念 群馬県書道展覧会のお知らせ

2019年10月13日日曜日

芸術の秋。県内では美術や書道の大規模展覧会が始まります。

今年の県書道展は、第70回記念展です。記念事業もありますので、皆様のご参加をお待ちしております。

※なお当店では、書道展の表装を承っております。初めて出品される方、継続して出品の方、どうぞご相談ください

 

≪70回 記念事業≫

特別展示 (歴代会長作品・山﨑種二記念特別賞受賞作品、文房四宝・古文具)

と き:12月3日(火)~12月22日(日)月曜休館

ところ:富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

席上揮毫 12月6日(金)11:00~15:00

群馬県立近代美術館2F講堂

作品解説(陳列会場) ●体験コーナー(近代美術館2F講堂)

1期 12月8日(日)10:00~15:00

2期 12月15日(日)10:00~15:00

 

 

 

『第13回 書峰会展』のご案内

2019年05月24日金曜日

5/24(金)~26(日)の3日間、第13回書峰会展が開催されています。

会場は昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)です。

漢字部門の先生方が中心で、会場には漢字作品の創作、臨書作品などが並んでいます。

入り口には初代会長、故荒井徳峰先生の作品が展示されています。(写真)

ここでちょっとご紹介・・

書峰会は、創立70年を超える『赤城書の友会』の役員の先生方で構成されています。『赤城書の友会』は、創立以来、書道の月刊誌『書の友』を発行されおり、現在753号となっています。教育書道・実用書道に重点をおき、地域の子どもから大人まで幅広く書道を教えていらっしゃいます。

そのような先生方の展覧会です!

是非ぜひ、足をはこんで見て下さい。

細字作品や先生方の手書きの名票も見どころポイントの一つです。筆文字をうまく書きたい!!習ってみたいとお考えの方には必見の展覧会です。

 

5月は書道展が目白押し

2019年05月17日金曜日

令和元年のスタートとともに、群馬県では書道展が目白押しです。

社中展や各地域の書道展が毎週県内で開催されています。

ご案内状をご紹介いたしますので、ぜひ週末訪れてみてください。

ご紹介しきれない部分があるかと思いますので、(一社)群馬県書道協会のホームページを参考にご覧ください。ホームページはこちら⇒http://www.gunmaken-shodoukyoukai.com/

 

第69回 群馬県書道展覧会&群馬県立近代美術館『コレクション展示』

2018年12月10日月曜日

ピカソ、ロダン、ムンク、モネ、ルノアール。。。本物が群馬県立近代美術館で見られるってご存知ですか???

現在、群馬県展と同じスケジュールで、2階展示室にて『コレクション展示』を開催中です。

群馬県立近代美術館が所蔵する作品が、なんと観覧料300円で見られるんです!ホンモノですよ、本物。都心の美術館ばかりでなく、地元の美術館にまず足を運んでみてはいかがでしょう。”新たな発見”があると思います。

海外の作家だけではありません。群馬を代表する画家、山口薫、南條一夫、湯浅一郎などの作品も間近で鑑賞できます。

もし日本画がお好きな方ならば、展示室7『山種記念館』をぜひ見てみてください。近代の日本画の巨匠、木村武山や速水御舟の作品が展示されています。会期は17日(月)まで。※12日(水)は休館です。

第69回 群馬県書道展覧会 明日12月7日より開催!!

2018年12月06日木曜日

書道の一大イベント 『第69回 群馬県書道展覧会』が12月7日よりはじまります!!

出品されている方、その家族や知人の方、これから書道を始めたい方、、とにかく皆々様、ぜひ会場へ足を運んでください。

漢字・かな・墨象・大字/詩文書・篆刻の5部門でおよそ2000点の作品が展示されます。

展示の期間は2期にわかれていますので、ご来場の際は日程にご注意を。

詳しい内容はこちらのブログをご覧ください。

ちなみに、会場入ってすぐの全期間展示の作品は、運営委員や審査員の先生方の作品と、今回大きな賞を受賞した作品が展示されます。『山崎種二記念賞』『委嘱大賞』『知事賞』など、各部門で選ばれた方々の作品です。それぞれの表現をじっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ