表装処・美術サロンあいざわ

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-1-7
アイビータウン日吉107
☎ 027-231-7604

一般社団法人 群馬県技能士会連合会 一般社団法人 全国技能士会連合会 全国表具経師内装組合連合会

ブログ

Blog

カテゴリー: 表装 の記事一覧

2021年の寒糊づくり

2021年01月21日木曜日

今年も寒糊(かんのり)を作りました。

在庫はたくさんありますが、毎年続けていくことに意味があります。

今年作った糊も十数年後に使うことになるでしょう。

その時に、コロナ禍で大変な年だったことを思い出すでしょう。

 

お仕立て品16. お茶箱の仕立 南フランスの布を使ってvol.2

2021年01月13日水曜日

『お茶箱』ってご存知ですか?

茶葉の保存のための箱で、外側が木製、内側がトタン貼りになっています。

防湿・防虫に優れているので、長期間の保管が可能です。そのため、現在ではお茶だけでなく衣類などの保存にも利用されています。

 

今回はお客様から、『お茶箱』のリメイクをご依頼いただきました。大きさは、高さ約50㎝・巾約65㎝・奥行約45㎝あります。以前からご自宅にあった物とのことで、表面のシールが剥がれたり、木の表面に多少の傷がありあました。

まずは、表面をきれいに整えてから作業することにしました。(写真 リメイク前)

仕上がったものが(写真 リメイク後)です。ご依頼主様お気に入りの”南フランスの布”を使ったことで、ヨーロッパ風のインテリアに変身です!!

お部屋も明るくなり、見せる収納としてご利用いただけるようになりました。

『お茶箱』をこんなふうに利用できたらいいですね。

 

リメイク前

表面の汚れをきれいに落として。。

リメイク後

大竹夏紀さんの額装品、ショーウインドウで展示中!!

2020年11月26日木曜日

ショーウインドウにはあざやかな『瞳』がいっぱい!!

 

テレビの旅番組ごらんになりましたか?

先日、群馬県富岡市を訪ねる中で、染色アーティスト 大竹夏紀さんの工房に立ち寄るシーンがありました。

大竹さんは伝統技法である”ろうけつ染め”で作品の製作をしている作家さんです。

’絹地を使って染めることで美しい色が出る’と話していらっしゃいましたね。

 

テレビでは大きな作品が紹介されていましたが、小さな作品もとても色がきれいなんです!

当店で以前に額装した作品です。コレクターの方から特別に作品をお借りして。。。ショーウインドウに飾っていますので、是非近くで大竹さんの作品をご覧になってください。

 

 

お仕立て品14. 大竹夏紀さん作品額装 ブルー

2020年08月01日土曜日

もう一点、大竹夏紀さんのファンの方より額装承りました!!

 

 

こちらの作品は、こぼれ落ちる涙が印象的な”ひとみ”。

寒色系を使って静かで心落ち着く仕上がりに・・・

 

 

フレームはもう一点と同じアンティークゴールド色のBOXタイプ、内側の布は無地の水色を使いました。

写真ではわかりにくいですが少しきらきらした布です。

 

こちらの作品も、お仕立て品13.と同時にショーウインドウに展示しますのでご覧ください。

◎参考までに以前の額装は、お仕立て品7お仕立て品8、でご覧いただけます。

 

お仕立て品13. 大竹夏紀さん作品の額装 オレンジ 

お客様より額装のご依頼をいただき、大竹夏紀さんの作品に出合いました!!

大竹夏紀さんは、群馬県出身。絹地にろうけつ染めで作品を製作している染色アーティスト。

県内外での活躍で、ご存知の方も多いと思います。

 

今回額装するのは、ハートがいっぱいのハッピーなひとみ。

オレンジ系の温かみを活かして、仕上がりは・・・

 

フレームはアンティークゴールド色のBOXタイプ、内側の布はレンガ色の絹地の帯を使いました。

写真ではわかりにくいですが、絹は上品な光沢があります。

短期間ですが、こちらの作品はショーウインドウに展示しますのでご覧ください。

◎参考までに以前の額装は、お仕立て品7お仕立て品8、でご覧いただけます。

ページの先頭へ