表装処・美術サロンあいざわ

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-1-7
アイビータウン日吉107
☎ 027-231-7604
定休日:日曜・祝日

一般社団法人 群馬県技能士会連合会 一般社団法人 全国技能士会連合会 全国表具経師内装組合連合会

ブログ

Blog

カテゴリー: 表装 の記事一覧

お仕立て品17.ミュシャのポスター

2021年04月14日水曜日

ポスターも額装することでグレードアップします!

今回はチェコ出身の画家、アルフォンス・マリア・ミュシャのポスターを額装しました。

額装は、フレーム・マット・配色でどんな雰囲気にも仕立てられます。アートを飾って楽しむ。オリジナルのコーディネイトをしてみませんか。

 

◎ミュシャのポスター(写真が枠からはみでてしまいました・・)

◎額装後はこんな感じになりました。

ゴールドのマット(オリジナル製品)を使用して、丸く窓抜きをしました。フレームは柔らかな雰囲気のピンクゴールドをあわせました。

 

2月のショーウインドウ さくら草

2021年02月05日金曜日

立春をすぎ、季節は春へと変わっていきます。

日差しも暖かくなり、心も体も少しほっとできる頃ですね。路地では梅の花が咲いているのを見かけます。

春に先駆けて、ショーウインドウに”サクラソウ”の額絵を飾りました。

作家さんの直筆によるもので、ピンクのサクラソウとミツバチが描かれています。作品は扇子の形(扇面)に書かれているので、マットは窓を扇面の形にして布地を貼り込んであります。作品の形に合わせたオリジナルの仕立です。作品とともに近くでご覧ください。

もちもん、販売も致します。一点物です。作品についてのお問い合わせはこちらまで。

2021年の寒糊づくり

2021年01月21日木曜日

今年も寒糊(かんのり)を作りました。

在庫はたくさんありますが、毎年続けていくことに意味があります。

今年作った糊も十数年後に使うことになるでしょう。

その時に、コロナ禍で大変な年だったことを思い出すでしょう。

 

お仕立て品16. お茶箱の仕立 南フランスの布を使ってvol.2

2021年01月13日水曜日

『お茶箱』ってご存知ですか?

茶葉の保存のための箱で、外側が木製、内側がトタン貼りになっています。

防湿・防虫に優れているので、長期間の保管が可能です。そのため、現在ではお茶だけでなく衣類などの保存にも利用されています。

 

今回はお客様から、『お茶箱』のリメイクをご依頼いただきました。大きさは、高さ約50㎝・巾約65㎝・奥行約45㎝あります。以前からご自宅にあった物とのことで、表面のシールが剥がれたり、木の表面に多少の傷がありあました。

まずは、表面をきれいに整えてから作業することにしました。(写真 リメイク前)

仕上がったものが(写真 リメイク後)です。ご依頼主様お気に入りの”南フランスの布”を使ったことで、ヨーロッパ風のインテリアに変身です!!

お部屋も明るくなり、見せる収納としてご利用いただけるようになりました。

『お茶箱』をこんなふうに利用できたらいいですね。

 

リメイク前

表面の汚れをきれいに落として。。

リメイク後

大竹夏紀さんの額装品、ショーウインドウで展示中!!

2020年11月26日木曜日

ショーウインドウにはあざやかな『瞳』がいっぱい!!

 

テレビの旅番組ごらんになりましたか?

先日、群馬県富岡市を訪ねる中で、染色アーティスト 大竹夏紀さんの工房に立ち寄るシーンがありました。

大竹さんは伝統技法である”ろうけつ染め”で作品の製作をしている作家さんです。

’絹地を使って染めることで美しい色が出る’と話していらっしゃいましたね。

 

テレビでは大きな作品が紹介されていましたが、小さな作品もとても色がきれいなんです!

当店で以前に額装した作品です。コレクターの方から特別に作品をお借りして。。。ショーウインドウに飾っていますので、是非近くで大竹さんの作品をご覧になってください。

 

 

ページの先頭へ