表装処・美術サロンあいざわ

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-1-7
アイビータウン日吉1F
☎ 027-231-7604

一般社団法人 群馬県技能士会連合会 一般社団法人 全国技能士会連合会 全国表具経師内装組合連合会

ブログ

Blog

カテゴリー: 表装 の記事一覧

新春を寿ぐー枕屏風ー

2020年01月06日月曜日

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新春をお祝いする飾りには様々なものがありますが、日本古来の『屏風』もアイデア次第で季節を彩る飾りになります。

当店で製作した『枕屏風』です。

扇面には松や梅・吉祥の文字などが描かれていてお祝いにはぴったりの華やかな絵柄です。

デザインや大きさ、すべてオーダーメイドの商品です。扇子・色紙などの絵画や書作品が、確かな技術とアイデアによって新たな作品に生まれ変わります。日本の伝統や四季を楽しむくらし、あなたもはじめてみませんか。

お仕立て品11.レコードの額装!~クリスマス仕様に~

2019年11月05日火曜日

11月に入り、朝晩が冷え込む季節になってきました。

これからは紅葉シーズン、12月はクリスマスとイベントの季節がやってきます。

クリスマスの頃にはツリーやリース、イルミネーションで街も華やかになりますね。

 

今日は額装のご紹介、こんなディスプレイもおしゃれです☆☆

クリスマスのレコードです!!ジャケットにはサンタクロースの帽子をかぶったアーティストが!

お客様よりご依頼いただき額装したものです。

壁に飾ったら一瞬でお部屋がクリスマスに!

レコードジャケットを中心に、クリスマスの色を意識してシルバーと赤のマットを使用、フレームは彫りのデザインが素敵なアンティークシルバー。

お客様だけのオリジナルの額装品が出来上がりました。

身近なアイテムがアイデア次第で素敵なインテリアになります。レコードや立体作品も額装すると面白いですよ。

❖❖クリスマスディスプレイの様子です❖❖参考までに。。。。

『第46回 ぐんま表装展』はじまりました!! 

2019年06月14日金曜日

『第46回ぐんま表装展』が始まりました!

群馬県内の職人による年に一度の作品展、6/16(日)まで開催です。

ぜひぜひ、目を凝らして見てください。

会場内には、掛軸、額、屏風、ふすまが展示されています。細部までこだわった職人による丁寧な作品と、今を生きる伝統と新しい技術を見ることができます。

現代日本画家の掛軸。

修復された掛軸。

帯を使用した掛軸。

モダンな色のふすま。

オリジナルの額作品。

工夫を凝らした屏風。

などなど、一点一点見どころがあります。作品を作ったの職人さんと直接話ができるのもこの展覧会の魅力。作品解説をしてもらうとさらに楽しめますよ。

また、3日間とも午後2:00より【からくり屏風】の製作が体験できます。参加料無料。作った作品はお持ち帰りできますのでお楽しみください。

たくさん方のご来場をお待ちしています。

ご案内状はこちらをご覧ください。

 

『書の掛軸』の修理 ~その④完成

2019年06月12日水曜日

『書の掛軸』の修理も最終工程となりました。

今回で最終回。行程10、仕上げ作業の様子です。軸棒・八双・紐などを取り付けます。

掛軸の上部の棒の部分を”八双”といいます。ここにはカンと紐を取り付けます。

八双の取付の様子は写真の通り。

 

総裏打ちをした掛軸の上部に”八双”をおき、裂と裏打紙に糊を付け、包みこむように貼り付けます。

掛け軸は裏返した状態です。

 

ヘラを使ってさらに強く接着させます。

 

この掛軸は6/14(金)~16(日)開催の”ぐんま表装展”に出品しますので、会場で見ることができます。

ぜひご覧ください。

【修理前】の様子

【修理後】の様子

ポスターの額装 ~まるい窓抜きでオーダーメイド~

2019年05月23日木曜日

これは、聖母子の画家として有名なラファエロ・サンツィオ(1483~1520)の作品です。

タイトルは 「小椅子の聖母」。作品は1514年に描かれ、現在はフィレンツェのピッティ美術館に展示されているそうです。ラファエロの代表的な作品の一つです。

今回はこの作品のポスター(直径12.5㎝)の額装をします。

実物の絵画のフレームは、豪華な装飾が施されていてとても重厚感があります。美術館ですから雰囲気もよく圧倒的な存在感です。欧風なその雰囲気を出しつつシンプルで豪華になるように、試行錯誤。。

円形の作品用に円の窓を何パターンか作ってみました。

マットの色で印象が変わります・・

 

額縁は2パターン合わせてみました。

それぞれの良さがあります・・どちらも木製です。写真上のコバルトブルーの額は、内側が金色に塗装されています。写真下のゴールドの額は、四隅と真ん中に手彫りの装飾が施されています。

最終的には、マットはゴールドで決定!!額縁は手彫りの装飾があるゴールドに決定!!額装の仕上がりがこちらです。

大きさは、タテ30㎝×ヨコ24㎝と小ぶりながら、存在感のある作品になりました。

額装をする場合、できるだけお客様の要望をお伺いし、趣味や利用シーンに合った表装を心がけています。

 

 

 

ページの先頭へ